インターネット広告代理業
インターネット広告代理店
インターネット広告の広告代理店はクライアント(広告主)の要望に応じて、PCやスマートフォン、 タブレットなどのインターネットやスマホアプリ関連のツールを使った広告戦略を練り、企業広告や商品広告、販売促進、 ブランディング、各種のキャンペーンなどのプロモーションアイデアを提案します。クライアントは業種業界を問わず幅広く、 時にはメディア(媒体)側がクライントになることもありますが、インターネットを使った広告は専門的な知識が必要とされ、 ITの技術やSEOやSEMの知識をベースにしてクライアントをトータルにサポートしていきます。
広がり続けるインターネットの世界
インターネット広告は従来のマスメディアにない特長を持っています。 中でもターゲティング性とインタラクティブ性は最大の特長です。ターゲティングとは、ユーザーの年齢・性別などの属性、行動履歴、地域などによって、 配信する広告の内容や対象を細かく設定できる機能です。またインタラクティブとは、単純に広告を表示するだけでなく、 ユーザーが能動的にアクションすることによって深いコミュニケーションが取れることです。 そのため従来のマスメディアの減少をよそにインターネット広告は増え続けています。
前年比110.2%インターネット広告費
2015年度のインターネット広告費の媒体費と広告制作費の総額は、1兆1,594億円。 うちインターネット広告媒体費は9,194億円(前年比111.5%)、運用型(最適化が自動化された広告)広告費は6,226億円(前年比121.9%)、 制作費2,400億円(前年比105.5%)となっています。(電通調べ)
メディアレップ事業
メディアとクライアントの利潤最大化をめざします
インターネット上にあるWEBサイトのPC・スマホメディアやアプリパブリッシャーの広告枠を取りまとめ、 クライアント(広告主)やインターネット広告代理店に対して、広告出稿のための企画・提案をしています。 取り扱いしているメディアは、1,000サイト以上、クライアントの要望に合った媒体を見つけ出し、効果を最大化させる為、 アクティブユーザーが多数いるSNSや、趣味嗜好に特化した有力なメディアなど、あらゆるメディアに対応しています。
giftアドネットワークでメディアの収益を最大化させます
SSPはSupply Side Platform(サプライ サイド プラットフォーム)の略語で、媒体の収益の最大化を目的とするシステムです。 DSPはDemand Side Platform(デマンド サイド プラットフォーム)の略語で、インターネット広告において広告主の効果の最大化するためのシステムです。 SSPサーバはDSPサーバからの広告主の情報を精査し、広告がターゲット、料金とも最大の効果を上げることをめざします。 giftアドネットワークは提携する各アドネットワークと、単独のメディアではできない交渉や連携を行うことで、メディアの収益の最大化をはかります。
メディア(媒体社)登録で高収益が望めます
インターネット広告はPCやスマートフォンのホームページやアプリなどを持つメディア(媒体社)によって支えられています。 メディアレップはそのようなメディアに対して、最新のIT技術を使った広告手段を開発、提供し、インターネット広告をより導入しやすくする管理画面をご用意しています。
ブログやSNS、アプリを運営し、そこから収益を得て、よりメディアの充実を図りたいとお考えのメディアの方々のために、当社ではインターネット広告のスペシャリストが メディアコンサルティングを行っています。
アドメニューの一例